芸能界の都市伝説

都市伝説の女

一度観たら最後…!? "あやしさ"満載のコメディ・ミステリー誕生

 超常現象の謎を解き明かす『TRICK』、時効成立事件を趣味で解く『時効警察』など、オリジナルの変化球コメディ・ミステリーを次々とヒットさせてきた金曜ナイトドラマ枠。深夜ドラマの代名詞とも言える同枠にこの4月、またも捻りの効いたオリジナル・コメディー・ミステリーが登場する。その名も……『都市伝説の女』!
 長澤まさみ演じる都市伝説マニアの美しすぎるオタク刑事・音無月子が天賦の美貌と色気、マニアックな視点をいかんなく発揮した絶妙&珍妙な捜査により、都市伝説に絡んだ未解決事件を解決していく、ちょっと変な1話完結型コメディ・ミステリーだ。深夜帯にはうってつけのちょっとしたホラー要素に、怪しさ漂う事件、マニアックな好奇心を刺激しまくるエピソードの数々…。一度聞いたら最後、どうしても誰かに教えてしまいたくなる都市伝説のごとく、怪(妖)しくもクセになること間違いナシ! この作品、後世に語り継がれる伝説のテレビドラマとなる――とのウワサ、信じるか信じないかはあなた次第…!?

長澤まさみが"念願だった初の刑事役"でコメディエンヌぶりを!

 テレビ朝日で連続ドラマの主演を務めるのは初となる長澤まさみ。なんと彼女が「以前からやってみたかった」という刑事役を演じるのも今回が初! しかも、ただの刑事ではない。彼女が演じるのは類まれなる美貌と天然の色気を持つ"美しすぎる女刑事"。そして…「わたし、都市伝説を立証するために刑事になりました」と公言してはばからない"都市伝説オタク"。その溢れんばかりの都市伝説愛が高じて、事件が起こるたび、事もあろうに仮病を使ったり、独自の方法で"都市伝説が原因論"に基づいた捜査をこっそり進める、ちょっと変な女刑事なのだ。
 昨年公開された映画『モテキ』では美しきオタク編集者を体当たりで演じて、「第54回ブルーリボン賞助演女優賞」「第35回日本アカデミー賞優秀主演女優賞」を受賞するなど、コメディエンヌの才能を開花させている長澤が、今度は、ミステリードラマで、どんなマニアックなコメディ演技を披露してくれるのか!?
 コメディエンヌ・長澤まさみの新たな挑戦に、ぜひ期待してほしい!

長澤の恋のお相手(!?)に溝端淳平! 竹中直人に平山浩行…
"ちょい変ワールド"を盛り上げるクセモノぞろいのキャスト

 長澤演じる月子とともに捜査に乗り出す仲間たちにも、『都市伝説の女』の"ちょい変ワールド"を大いに盛り上げてくれる多彩な顔ぶれが揃った。
 月子に一目惚れするイケメン鑑識・勝浦洋人には溝端淳平をキャスティング。昨年は狂気に満ちた役で新境地を開拓して世間を驚かせた溝端だが、今回はちょっと神経質なところがありながらも茶目っ気たっぷりな一面もあるという役どころで、新たな魅力を発揮してくれる予感大。また、彼の月子に対する恋はどんな結末を迎えるのか…!? 一途で必死な恋の行方も気になるところ!

 そして、自慢の"刑事の勘"が最近ズレてきていると噂になっている刑事・丹内市生には、日本屈指のベテラン個性派俳優である竹中直人。 月子の直属の上司役で、中間管理職としての悲哀を、笑いのツボを的確におさえつつ、彼独特のスパイスをピリリと効かせた表現をしてくれること必至だ。

 さらに、そんな竹中演じる"元"名刑事にとことん心酔し、行動を共にすることに至福の喜びを感じている刑事・柴山俊也には平山浩行。最近は二枚目路線の役が多かった平山だが、今回は作品が作品だけに一味違う彼が堪能できそうだ。


松たか子番組で喫煙バレてキレた
内柴正人